現代にも受け継がれている日本古来の生活様式

古くからの生活様式を見てみよう

共通している部分を探そう

日本人の主食は米です。 それはずっと昔から変わりません。 受け継がれている生活様式の1つになります。 また肉より、魚を食べる習慣の方があります。 それに関係して、漁業の方法も昔から現代に受け継がれています。 効率良く魚を獲る方法を、昔の人は編み出していました。

ものを無駄に使わない人たち

昔が気軽に、壊れたら新しいものを購入することができませんでした。 ものが大事に使われていたので、少し壊れたぐらいでは買い替えません。 再利用して、長く使っていました。 そのリサイクル精神は、現代にも通用します。 ゴミを出さない心がけも、現代人と同じです。

その場所に合う作り方

住宅には、様々な作り方があります。 その場所によって、ふさわしい作り方が変わります。 それは、昔から考えられていた作り方です。 現代の日本にも、通用するという部分がすごいですね。 昔の人が考えた作り方のおかげで、現在の日本人が快適な生活を送ることができています。

日本人の食生活は変わらない

昔の日本と今の日本は、食事が同じという面が挙げられます。
もちろん時代を重ねて、洋食や中華という食文化が伝わってきました。
しかし昔と同じく魚も食べられていますし、日本人の主食は米です。
それはずっと昔から変わりません。
米の育て方も、昔から受け継がれていることです。
漁業の方法も現代に受け継がれているものがたくさんあります。
昔ながらの知恵を使って、現代でもおいしいものを食べることができています。

リサイクルしながら生活を送る風習も、実は昔からあったものです。
今のようにものが溢れていたわけではないので、今以上に再利用することが重要だと言われてきました。
例えものが壊れても、直して再利用していました、
ものを修理する、専門の職業もたくさん見られました。
リサイクル精神は、現代にも通用しますね。
何度もリサイクルして使うことで、資源の無駄遣いやゴミが増えることを回避できます。
これからも、昔の人の知恵を借りてリサイクル活動に貢献しましょう。

住宅の作りなども、昔から現代に受け継がれています。
夏に熱くなりやすい地域では、風を通しやすい構造になったり、素材を使ったりしています。
逆に冬に寒くなる地域もありますが、そこでは保温性に優れている素材を使っています。
地域によって建物の構造を変えることで、気温が大きく変わっても快適な生活を送ることができます。
このように、時代が変わっても変わらないものがたくさん存在しています。

おすすめリンク

自然と触れ合う事を大切にしている念仏宗

自然への感謝を忘れない為に、念仏宗では家族で実際に参加できる田植えや稲刈りを開催しています!

オリジナル箸袋の印刷

パーティーやイベントにオリジナルの箸袋があれば、華やかに!印刷サービスのご紹介です。

鍵が開かない!トラブル解決のおススメ店

鍵の複製からトラブル解決まで、すべてを担うおススメの鍵取り扱いのある会社をまとめました。