無店舗型テレクラは店舗型と何が異なる?

店舗型のテレクラとの大きな違いについて

実際の出会いを前提としている場合もあります

短い時間での利用も可能な点

店舗型のテレクラとの特徴的な違う点で、一番大きな所と言えば、電話での待ち時間がゼロな事だと思います。
その為、ふとした時にサッと利用出来る事が無店舗型のテレクラの長所ではないでしょうか?
多くの利用者は、男性が多いようで、何かと癒しを求めてテレクラを利用しています。

なので、数時間でも良いから会話をする事で、仕事でのストレス発散や元気を貰っていると思うのです。
今でもテレクラが存在している理由には、怒りや悲しみや寂しさをどこで発散すれば良いのか分からなくなった大人達の最後の砦のようなものになっているような気がします。
ストレス社会とまで呼ばれるようになった現代社会には、性的不満を発散する場所も多くはネットが中心になってきたのかもしれません。

すぐに出会いを求めている人が多い事

無店舗型のテレクラを利用している人の多くは、男女ともすぐに出会いを求めている事が多いそうです。
その為、少し出会い系サイトとは異なっている点があります。
前の記事でも紹介したように、テレクラの多くの会話はほとんどがテレフォンセックスの会話が中心となっています。
なので、そのような会話を進めて行く中で、相性が良いとお互いが判断すればすぐに出会えるようになっています。

テレビ電話も可能な為、顔も分かります。
性的な欲求のはけ口としても利用される事が多いのがテレクラの特徴です。
しかし、店舗型のテレクラは声やプロフィールから判断して顔を想像しながらになるので出会える確率は無店舗型のテレクラよりは低かったそうです。


この記事をシェアする