無店舗型テレクラは店舗型と何が異なる?

店舗型のテレクラとの大きな違いについて

利用している事がバレないと言う点があります

切り替えがすぐに出来るという点がある

無店舗型のテレクラの特徴の一つとして、チェンジボタンと言うのがあるそうです。
繋がったとしても会話が弾まなかったり、お互いの利用目的がズレている事もしばしば見られるみたいです。
そんな時に、チェンジボタンを押して、違う相手とのマッチングが始まり、新たな会話を楽しむ事が出来ます。
声の質や話し方によっても合う合わないがすぐに分かるのがテレクラでもあるのです。

時間とお金を無駄にしない為にも、利用する目的を明確にはっきりさせておく事が大事です。
その為、結構最初の数分の会話が見極めるポイントでもあるのです。
ただし、チェンジする場合には相手に断りをいれるのが最低限な大人のマナーだと思います。
いきなり切るのは失礼になり、回数が多ければ利用出来なくなる可能性もあるからです。

同じ趣味の人を探しやすい

利用している人の中には、同じ趣味の人を求めてテレクラを利用している人もいるのです。
人それぞれ、性的趣向は違いがあり、中には激しいプレイを求めている事もあります。
その為、自分と同じような性的趣向の人を求めて無店舗型のテレクラの利用する場合もあります。
ネットを介してすぐに話が出来る事もあり、興奮度も更に増します。

会話を通して直接出会える事もあるかもしれません。
前の記事でも紹介したように、すぐに出会える人を求めてテレクラを利用している事もあるので、趣味が違ったり目的が違うと分かればすぐにチェンジして同じ趣味の人を探します。
カテゴリーも分かれている事もあるので、必ず同じ趣味を持つ人と会話する事が出来ます。


この記事をシェアする